労働安全衛生マネジメントシステムの構築について

ISO45001は労働災害のリスクを洗い出し、その対応を講じて労働災害を未然に防ぐためのマネジメントシステムになります。OHSASも同様です。

労働災害については、様々な防止策が講じられています。厚生労働省の「労働安全衛生マネジメントシステム」、中央労働災害防止協会、建設労働災害防止協会等が定める労働災害防止のガイドラインがあります。ISO45001もこれらと同様に労働災害防止の規格になります。

ISO45001は、労働災害防止についての規格があり、それをPDCAでシステム化したものです。PDCAとはPLAN,DO,CHECK,ACTION.つまり計画、実行、監査、改善という手順のことを言います。簡単に言いますと「我が社の労災事故は年間0であるべきだ、そのために朝礼等で労災防止策の実施をしている。しかし、現在すでに2件の労災事故が起こっている、ではどのようにして改善したら良いのか。」これを毎日、月々、に行っていくことです。

 そのためにマニュアル手順書、組織、方針、計画等を作成していきます。

当事務所では、ISO45001OHSASの労働安全マネジメントシステムの構築と認証支援を行っております。ぜひご依頼下さい。