永住権申請について

永住権とは自分の母国の国籍のままで、日本に永久に住める権利となります。ビザはその種類により様々な制限があります。例えば日本人の配偶者のビザの人は、離婚をしますとビザを失います。就労のビザの人は、働き口を失くすとビザを失います。しかし永住権を取得しますと、離婚をしてもまた失職しても、日本に滞在することが出来ます。

それでは、どのような人が永住権の申請が出来るのか。一般的には以下の人が該当します。

  • 素行が善良であること。(日本人、永住者、特別永住者の配偶者、子は除く)
  • 現在安定した経済生活を行っており、将来も経済的に安定していること。(日本人、永住者、特別永住者の配偶者、子、難民の認定を受けている者は除く)
  • 日本に10年以上在留しており、その内の5年間以上は就労資格(技能実習生は除く)で働いていたこと。例えば、日本に入国して日本語学校に1年、大学に4年在籍し、就職して会社に5年在籍した者は、10年の日本在留と5年間の就労の実績がある。
  • 罰金刑や懲役刑などを受けていないこと。
  • 税金を納めていること。年金・医療保険を納めていること。
  • 入管に申請する手続きを怠っていないこと。
  • 在留期間が3年以上の在留資格を有すること。

前述の日本に10年以上在留してなくとも、永住権の申請が出来る場合があります。以下の場合になります。

  • 日本人の配偶者、永住者の配偶者、特別永住者の配偶者で、3年以上婚姻しており、その内1年以上日本に在留している者。
  • 日本人の配偶者の子、永住者の配偶者の子、特別永住者の配偶者の子で1年以上日本に在留している者。
  • 定住者で5年以上日本に在留している者。
  • その他として、高度人材に該当する者、国際的な賞、日本政府からの賞等日本への貢献を認められた者は5年で永住権の申請が出来る。

以上になります。詳しくはご相談下さい。

また、母国の国籍から日本の国籍に変えるのは、帰化といいます。これは別の項で説明致します。