外国人が日本に入国する時に、日本がその外国人の入国を認めなければ、日本に入国することが出来ません。この日本に入国することを認めてもらうものが査証ビザです。そしてこの査証は日本に入国した後は、在留資格と名称を変えて、外国人が日本に滞在する法的資格を表します。

日本に入国するビザはいくつかの種類に分かれます。

  • 職業によるビザ、②留学・文化活動・研修関係のビザ、③身分関係日本人の配偶者、永住者の配偶者、定住関係の大まかに3通りに分かれます。
  • 職業によるビザ・在留資格は以下のとおりです。
  • 教授(例、大学教授等)
  • 芸術(例、作曲家、画家、著述家等)
  • 宗教(例、外国の宗教団体から派遣される宣教師等)
  • 報道(例、外国の報道機関の記者、カメラマン)
  • 経営・管理(例、企業等の経営者、管理者)
  • 法律・会計業務(例、弁護士、公認会計士等)
  • 医療(例、医師、歯科医師、看護士等)
  • 研究(例、政府関係機関、私企業等の研究者等)
  • 教育(例、中学校、高等学校等の語学教師等)
  • 技術・人文知識・国際業務(例、機械工学の技術者、通訳、デザイナー、私企業の語学教師、貿易実務者)
  • 企業内転勤(例、外国の事業所からの転勤者)
  • 介護(例、介護福祉士)
  • 興行(例、俳優、歌手、ダンサー、プロスポーツ選手等)
  • 技能(例、外国料理の調理師、スポーツ指導者、航空機等の操縦者、貴金属等の加工職人等)
  • 特定技能1号、2
  • 技能実習1号,2号,3
  • 留学、文化活動、研修関係のビザ・在留資格は以下のとおりです。
  • 文化活動(例、日本文化の研究者等)
  • 留学(例、大学、短期大学、高等学校、専修学校等の学生)
  • 家族滞在(例、在留外国人が不要する配偶者又は子)
  • 研修(例、実務作業を伴わない研修生)
  • 特定活動(例、外交官等の家事使用人、アマチュアスポーツ選手及びその家族、インターンシップ、特定研究活動、特定情報処理活動、医療滞在者及びその家族等)
  • 日本人の配偶者、永住者の配偶者、定住者関係の在留資格・ビザは以下のとおりです。
  • 日本人の配偶者等(例、日本人の方の夫または妻、実子、特別養子)
  • 永住者の配偶者等(例、永住者の方の夫または妻)
  • 定住者(例、日系3世)